工場向け監視カメラ カイゼンカメラSopak-C

工場にカメラをつけるメリットとは?

カイゼン

工場では結果が数値としては得られますが、なぜそうなったかは常に見ていないとわかりません。 工場にカメラを付けて記録し続けることで原因となった作業全体を見える化できます。

トレーサビリティ

また、一部の作業者が悪意を持って妨害し、会社や他の従業員が大きく不利益を被る近年の事例(食品異物混入事件など)のような場合も、 カメラを導入することで抑止できます。

導入実績

100社近いお客様にご好評いただいております!

茨城県

大手 自動車メーカー

大手自動車メーカーのイメージ

神奈川県

大手 重工業

大手重工業のイメージ

長野県

大手 食品加工工場

大手食品加工工場のイメージ

山口県

中小 金属加工工場

金属加工工場のイメージ

石川県

中小 菓子製造工場

菓子製造工場のイメージ

富山県

中小 木工家具メーカー

木工家具メーカーのイメージ

海外工場への導入実績も多数ございます!
具体的な導入事例は こちら⇨

こんな現場にオススメです!

原因不明の不良が出る

「何故かわからないけど不良が発生する」「作業者に訊いても分からない」という現場には、ありのまま記録する Sopak-C が絶大な力になります。

不良発生の写真

現場を見て回る時間が多い

管理者や現場リーダーが時間を掛けて現場を見て回っているなら、Sopak-C を導入するとその時間で他の仕事ができます。

現場を見ている写真

ベテランの技術を伝承したい

「ベテランがそろそろ定年で」というなら Sopak-C でベテランの作業を記録しましょう。

ベテランの写真

人探しに時間がかかっている

「あの人に相談したいけど今現場にいるのかな」という場合は Sopak-C で今の現場を見てから行くと、不在での無駄足がなくなります。

人探しの写真

作業効率が想定より良くない サボり?

「思ったより進んでない。サボってたのか?」と疑いが出たら Sopak-C で作業の様子を見てみましょう。 本当の原因が分かります。意外と苦戦していただけだったり?

作業効率が良くない写真
お問い合わせはこちら

Sopak-Cが解決する5つのコト

不良原因が分かる

問題の瞬間を映像で見られるため、本当の不良原因が特定できます。

作業分析ができる

実際の作業を後から見ながら時間を計測でき、正確な作業時間を測定できます。

技術伝承ができる

作業を選んでお気に入りに。社内で共有して技術を伝承できます。

問題箇所が見つかる

今まで見ていなかった視点で、気づいていなかった問題点が見つかります。

作業者意識が向上する

「見られている感」により作業者が真面目に働こうという気になります。

その他の活用例はこちら

お問い合わせはこちら

他の監視カメラと何が違うの?

長期間記録できるイメージ

長期間記録できる

年単位で現場を記録することが低コストで実現できます。
また、ネットワークにつながる限り設置台数に制限はありません。

詳しく見る→

サクサクと気軽に遡って見られるイメージ

サクサクと気軽に遡って見られる

ちょっとした時間で過去の現場を確認できます。

詳しく見る→

作業を並べて比較できるイメージ

作業を並べて比較できる

AさんとBさんの作業を比べたり、Aさんの速いときと遅いときを比較したりができます。

詳しく見る→

常に見ている必要なしのイメージ

常に見ている必要なし

ずっと記録しているので、オペレータがついて常に見張っている必要がありません。

詳しく見る→

生産管理システムと連携できる

貴社の生産管理システムと連携できる

連携用のAPIをご用意しています。

詳しく見る→

お問い合わせはこちら

受賞・掲載事例

中部IT経営力大賞2010

中部IT経営力大賞2010

カメラを使った取り組みで最高賞である大賞を受賞しました。

西村経済産業大臣など内閣府の御一行の見学

IT経営力大賞2010

カメラなどITの製造業への有効活用事例として西村大臣御一行が見学にお越しになりました。

IT経営力大賞2012

IT経営力大賞2012

最高賞である経済産業大臣賞を受賞しました。

日本経済新聞

日本経済新聞

拡販についてや社内での取り組みが掲載されました。

月刊食品工場長

月刊食品工場長

食品製造会社3社の導入事例が掲載されました。

電子情報通信学会誌

電子情報通信学会誌

カメラシステムを中心とした中小企業のIoTとして記事が掲載されました。

お問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせ

076-277-7339

受付時間 9:00-17:00

お問い合わせフォーム
はこちら ⇨